ゼニアとは何ですか?
ゼニアとはイタリアのファッションブランドのことで、正式名称は「Ermenegildo Zegna」。80以上の国・地域において555店のショップがあり、本国内でも伊勢丹、三越、阪急などの有名百貨店内にあるショップと路面店を合わせて23箇所で展開しています。スーツの価格は38万8,800円です。スーツスタイルの格好良さはさることながら、もともとは生地メーカーとして発祥しているだけにスーツ生地の上質さがゼニア人気の理由となっています。上質な生地は自社ブランドだけではなく、アルマーニやトムフォードなど名だたるスーパーブランドにも供給しています。ゼニアは、メンズラグジュアリーブランドとしても、生地メーカとしても世界中で有名な会社(ブランド)です。
ゼニアのスーツはどこで買えますか?
ゼニアのスーツを手に入れる方法は5つあります。1つはゼニアの直営店で購入する。2つ目はアウトレットで購入。3つ目はアパレルメーカーのゼニアスーツを購入。4つ目は百貨店のオーダーコーナーで購入。5つ目はゼニア公認のオーダー店にて購入する。
「5つの方法について」詳しくはこちら
これだけ高いゼニアのスーツですが、長持ちするのでしょうか?
高価=長持ちする、ではありません。高価な生地は極細の糸を使用します。さわり心地はシルクのように滑らかで繊細です。しかし、その糸は髪の毛よりも細いため、切れやすいです。想像してみてください。ウール100%のセーターとカシミア100%のセーターとではどちらが丈夫でしょうか。もちろんウール100%の方がしっかりと丈夫です。高品質の原料を使ったカシミアセーターは丈夫ではありません。高い=長持ちするではありません。むしろ高い商品ほど手入れに時間がかかるのです。ただ、高い商品だから取扱いに注意して大切にするので、結局は長持ちするとも言えます。
具体的に、ゼニアのスーツは何年ぐらい着られますか?
高価なスーツなので7年、8年とできるだけ長く着たいという要望をいただきます。そんな時には、「はい、8年は保ちます!」とお答えしています。10万円以上のスーツであれば1万円のものと同じ扱いをしません。「雨の日に着るのはやめよう」「家に帰ったらハンガーにかけよう」と大事にするはずです。丁寧に扱えば7、8年は着ることができます。

ただ、ひとつだけ問題があります。スーツは着方次第で長く着られますが、洋服には流行があります。上着はギリギリまで絞ってピッタリで、スラックスも細めにするのが少し前の主流のスタイルでした。このタイト目のシルエットは長く続いていたのですが、これが変わろうとしています。女性のスタイルをご覧いただくとわかりますが、ややゆったりしたシルエットが増え始めています。男性も1タックのスラックスが増えてきて女性のように洋服にゆとりのあるシルエットが増えています。昨今はクールビズによるカジュアル化で、ファッションに敏感な男性が増えています。流行の変化で着ることができなくなるスピードが早くなっています。例えば、5年前に買ったデニムは傷んではいませんが、シルエットが最近のものとは違うので履かなくなっていると思います。 スーツも同じように、当時は気に入って着ていたのに今着るとスラックスが古くさく感じます。裾口の広さ、股下の長さなど、少し前のものはどこかが野暮ったくて、おじさん臭く見えてしまいます。スーツは10年ぐらいは長持ちしますが、流行を考えると7年ぐらいが限界なのかもしれません。
38万円のスーツを購入する人の気持ちがわかりません。なぜ、こんなに高いスーツを買うのですか?
ゼニアのスーツは38万8,800円です。普段2、3万円のスーツを着ている方にとって、スーツに30万円を払う意味がわからないかもしれません。人によって考え方や価値観は違います。スーツにお金をかける方もいれば、車や家や旅行にお金を使う方もいらっしゃいます。スーツに30万円を支払う人は、スーツを着ることによって得られるものがあることを知っています。接客、講演、会食などの場面で良いスーツを着ることで、気後れしないで堂々と振る舞うことができる。商談がうまく行く、人からの評価も上がるという好循環を、身を持って知っています。また、背伸びして良いスーツを着ることで服装に見合った自分になれるように頑張る、という方もいらっしゃいます。
ゼニアのスーツ、まわりの人から良いスーツだと気づいてもらえますか?
商談で向かい合わせに座る、会食で隣に座るなど1メートルぐらいの距離でスーツを目にすれば、その人がどんなレベルのスーツを着ているかはわかります。良いスーツの生地表面には上品な光沢があります。身体を動かすとスーツの生地が波打つと思いますが、その流れの美しさなど、スーツの質感の良し悪しは見るだけでもわかります。ゼニアの生地はそういったレベルです。上品なツヤと滑らかなドレープはスーツに詳しくない方が見てもわかります。それに加えて、肩幅のサイズや袖の長さ、スラックスの太さやシルエットが着ている人の身体にピッタリと合っているスーツであれば、良いスーツであるのは一目瞭然です。品格があって、見るからに高価で仕立ての良いスーツを着ている人は、「仕事がうまくいっている人」「稼ぎの良い人」であると、まわりの人は認識します。
ゼニアのスーツを買う際に、スーツ以外で気をつけることはありますか?
スーツだけが最高級でも靴やバッグがいまいちだったら全体の印象も悪くなります。ビジネスマンの身だしなみは足元からと言われます。せっかくゼニアのスーツを着ていても安っぽい靴を履いていると、「たいしたものを着ていないな」とまわりから判断されてしまいます。全体のバランスが必要です。男性は女性のように何種類も靴やカバンを買い揃える必要がないのですから、1点1点にお金をかけてゼニアのスーツとバランスの取れる靴とバッグを購入しましょう。
高級なスーツの手入れは大変ですか?
手入れはそれほど難しくありません。とにかく家に帰ったらすぐにハンガーにかける、これをするだけで型崩れを防ぎ、スーツが長持ちします。スーツを1日着ているとホコリや食事のカスが付着しますので、ブラシを使ってしっかり落として虫食いを防ぎます。着用後の手入れとしてはこれだけです。あとは、連続して着用するのを避けて休ませるなど、靴と同様にスーツもお休みの日を設けると長持ちします。
どんな色や柄を選んだら良いのかわかりません。
選び方には2つあります。まず1つ目は、「使用するシーンに合わせた色や柄を選ぶ」です。結婚式やパーティーシーン、お子様の入学式・卒業式、講演・学会の発表などでは、フォーマルな雰囲気の無地系のものを選ぶ。2つ目は、「まわりからどのように見られたいかで選ぶ」です。誠実さ、爽やかさ、若さをアピールしたいであれば紺系、落ち着いた柔らかな雰囲気を出したのであればグレー系などです。
「色や柄の選び方について」詳しくはこちら
新作のスーツや生地はどのタイミングで入荷しますか?
ゼニアショップのプレタポルテは、セールが終わる1月末に春夏の新作が入荷し、7月末に秋冬物の新作が入荷するという流れです。オーダー店でも新作生地の入荷は年に2回です。春夏の新作生地は2月に入荷し、秋冬物の新作は8月に入荷します。
ゼニアの直営ショップよりもオーダー店の方が安い理由は何ですか?品質は大丈夫でしょうか?
生地はゼニア直営ショップとオーダー店とほぼ同じです。「ほぼ」というのは色柄の品揃えが少しだけ違います。ゼニア直営店ショップにあってオーダー店にはない生地があります。スーツのスタイルも近いものを作ることができます。では金額の違いはどこから生まれるのかということですが、ゼニア社は「特別感」「ラグジュアリー感」を重視したお店の雰囲気づくりをしています。一等地のゴージャスな店内で購入することがステイタスだと考える方に高額なスーツを提供しています。一方のオーダー店は店舗の内外装のコストも最低限に、また広告費や人件費も極力抑えることで、最高級の生地を使ったコストパフォーマンスの高いスーツを提供しています。コストをかけるポイントによって、ゼニアのスーツの価格に差が生まれています。
ゼニアの商品に礼服のスーツもあるんですか?
はい、ゼニア生地の15ミルミル、トロフェオに黒の生地がありますので、タキシードや略礼服、ブラックスーツなどを作ることができます。例えば当店で礼服を作られる場合、15ミルミルで18万円、トロフェオで13万円で作成が可能です。タキシードはその価格に5万円をプラスしていただければ作ることができます。
「ダンヒル」や「ドーメル」の生地はゼニアと比べてどうですか?
ドーメルやダンヒルの生地は、ゼニアよりもハリがあってしっかりした重みを感じられるさわり心地です。シーズンコレクションはゼニアが近い色合いを掛け合わせて柄を作るのに対して、ドーメルは濃淡をつけてハッキリとしたストライプやチェック柄を作ります。ゼニアの生地よりも個性的でやや派手な印象の生地が多いラインアップです。ちなみに、ダンヒルは生地の生産を2015年に終了しています。
他のイタリア生地と比べてどうですか?
ゼニア以外のイタリアの有名な生地メーカーというと、ロロピアーナとキャノニコがあります。ソフトなさわり心地のゼニアですが、その2社の生地はさらに柔らかくしなやか。特にロロピアーナにおいては、女性向けと言えるほどふんわりとソフトです。生地の色柄もナチュラルな淡いトーンのものが多め。キャノニコはゼニア、ロロピアーナに比べて品質は若干落ちますが、価格が比較的安価で量販店用に人気があります。
ビジネスマンに人気のゼニアのスーツですが、着ているとシワになりますか?
ゼニアの15ミルミルやトロフェオなどの生地は高品質の細い糸を使用しているため、一般的にはシワになりやすいと言われています。ただ、ゼニアほどの高レベルの生地であれば、スチームアイロンをプシュッと当てるだけで元に戻る復元力があります。自宅に帰ってハンガーにかけてプシュッとするだけで袖のシワは伸びます。所要時間はわずか30秒ほどです。
ゼニアの生地の中で、シワになりにくい生地はありますか?
旅行や出張に最適な生地として「トラベラー」があります。強い撚りをかけたダブルツイスト糸(2本の糸を1本に縒り合わせた糸)を使用することで、ハリのあるシワに強い生地を作り出しています。このトラベラー以外にもシワになりにくい生地があります。トラベラーよりもさわり心地がソフトで丈夫な生地の「エレクタ」です。ゼニアのロングセラー商品で品質にも定評があります。トラベラーとエレクタは価格的にもリーズナブルなので、ゼニア初心者の方におすすめです。
ゼニアの生地で一番丈夫な生地は何という名前ですか?
ゼニアで一番丈夫な生地は、エレクタです。糸の太さはトロフェオのスーパ−120に対してエレクタはスーパー110レベルですので、トロフェオに比べてしっかりとハリのある糸を使用しています。生地表面にはゼニア独特の上品な光沢があり、さわり心地もしっとりとして高級感があります。少々荒っぽく着ても傷んだりすることなくとても丈夫な生地です。出張用として有名なトラベラーという生地がありますが、エレクタで作られたスーツも出張やハードなビジネスシーンで重宝します。