ゼニアのショップは、伊勢丹、三越、阪急メンズ館といった百貨店内や路面店にあります。どの店舗も大理石を使ったラグジュアリーな外観で、上質なアイテムを取り揃えています。

ハイブランドとして誰もがご存知のアルマーニのスーツの価格は20万円です。そして、同じくハイブランドのゼニアのスーツは38万8千円。20万円のアルマーニのスーツを高いと感じる人がいると思いますが、ゼニアのスーツの価格はその約2倍です。

「高すぎる…」と誰もが感じると思います。 しかし、ゼニアのスーツはその値段に関係なく世界中で売れているのです。

このページをご覧になっている方は、ゼニアのスーツはなぜ38万円もするのか?他のスーツとどこが違うのか?と、不思議に思っているかもしれません。

ここでは、エルメネジルド・ゼニアのスーツはなぜ高いのか、についてお話しします。ご覧になりたい項目をクリックして読み進めてください。

 

最高峰のブランドとして人気を博すエルメネジルド・ゼニア、世界中の著名人や実業家、エグゼクティブたちから高い信頼と支持を集めています。

あらゆる良質なものを知り尽くしたエグゼクティブたちがゼニアの商品に魅了されてしまうのには、理由があります。

ゼニアのスーツが世界のセレブたちを魅了する理由とは?

その理由には2つあります。まず1つ目がスーツに使用している「生地」です。

生地表面に浮かぶツヤツヤとした光沢

ゼニアの生地の表面にはツヤがあるものが多く、これがゼニア生地の特徴でもあります。

ただ、表面にツヤがあるのはなにもゼニアの生地だけに限ったことではなく、他メーカーでもツヤツヤと光沢のある生地はあります。

そこで重要となってくるのは、そのツヤの質です。

ギラギラとシルクが入っているかのように光るのは、ツヤというよりテカっているという表現が合っているかもしれません。こうなると派手に映りすぎて、かえって下品に見えてしまいます。

ゼニアの生地は光の当たる角度によって、上品なツヤが出ます。生地のことを知らない人でも一瞬で上質な生地だとわかるほどです。

ゼニア生地の表面の上質なツヤは、最高級の羊毛を使用することで生まれます。

サラサラと流れるようなさわり心地

見た目だけではありません。2つ目は生地のさわり心地です。

ゼニアの生地に触れた瞬間に、その上質さが指に伝わってきます。

「しっとり」とした高級生地特有のさわり心地は、まるでシルクやカシミアに触れているかのようです。それは、「赤ちゃんの肌のさわり心地」と表現されるほど、繊細でソフトな触感です。

今では高級ファッションブランドとして有名なゼニアですが、もともとは1910年にイタリアの生地メーカーとして発祥しています。原料にこだわり続けた生地メーカーが作るスーツだけに、見た目にも触感にも優れています。

厳選を重ねた希少なウールのみを使用

ゼニアは生地の品質にとにかくこだわります。

最高級の天然繊維をオーストラリアから買い付け、厳選をかさねた希少なウールだけを使用して生地を織り上げます。

長さ、色、密度、引っ張り強度などを細かく検査して、自社の基準に合ったものだけを使用して、その他の部分は使いません。上の図でいえば、脇と肩の最高品質部位のみを使用し、その他の部分は使わないという徹底ぶりです。
原料の選び方ひとつとっても、最高への追求のために無駄が出ることなど関係ありません。
最高の原料をセレクトし、イタリアの自社工場にて紡績、染色、仕上げまでを一括管理されたゼニアの生地の品質は、他の生地メーカーとは比べものになりません。

こだわり抜かれたゼニアの生地をハイクラスのブランドがほっておくはずがなく、アルマーニをはじめ、トムフォードやキトン、エルメス、ヒューゴボス、ラルフローレン、ブリオーニなどが使用しています。

人は「見た目」で判断される

ゼニアランクの見るからに上質そうなスーツを着ていれば、「仕事がうまくいっている人」「稼ぎが良い人」であると、まわりの人は想像します。

商談を成功させるために、ゼニアのスーツを着ていくか、みすぼらしい2流のスーツを着ていくか、と聞かれれば誰もがゼニアのスーツと答えます。世界の有能なビジネスマンはそれを知っているからこそ、ゼニアのスーツを購入します。

快適で、上質で、高級であることが一目でわかるゼニアの生地で作られたゼニアのスーツ。たとえそのスーツが高価であっても、世界のエグゼクティブが愛用する理由がここにあります。

「最高の素材は優れたデザインを求める」

「最高の素材は優れたデザインを、最高のデザインは優れた素材を求める」
これはゼニア社の企業理念です。

最高の生地に見合う最高のデザインをゼニアは自社ブランドで作り上げています。

ウェストラインを緩やかに絞ったスタンダードモデルと言える「ミラノライン」をはじめとした、いくつかのスーツスタイルが用意されています。ここではそれらをご紹介します。

ミラノライン
すべてのモデルの基本となり、今なお世界中で売れ続けている大傑作モデル。薄めの肩パッドを使ったなだらかな肩のラインから緩やかに絞られたウェストラインは、スタイリッシュなイメージを与えてくれます。セクシーさとカッコ良さを引き立たせてくれるゼニアのスタンダードモデルです。

ミラノイージーライン
ミラノラインからより薄くて軽い肩パッドや芯地を使うなど、より軽やかなスーツスタイルに仕上げたリラックス感あふれるモデル。

フィレンツェライン
ミラノラインよりもウェストの絞りの効いたシャープなシルエットが特徴。その名前のとおり、マニカカミーチャの袖付けと衿幅も細めにしたフィレンツェ仕立てのスタイル。やや短めの着丈と曲線美あふれるウェストのシェイプも人気の理由の一つです。

トリノライン
ヨーロッパで人気の高いモデルで、肩から胸元にかけてのボリュームのあるシルエットが特徴で、胸板を強調しながらウェストの絞りを大きくしたグラマラスなスタイル。肩パッドをしっかり入れて、ガチッとビルドアップ。ピークドラペルの商品が多いなど、華奢な人でもガッチリと男らしい印象を演出できるモデルです。

カプリライン
肩パッドや裏地を極力使用しないアンコン仕立てのジャケットスタイルです。芯地も極薄で軽量さをアピールした春夏用のモデル。

マンハッタンライン イタリアの主要都市をモデル名としていましたが、初めてイタリア以外の都市名をモデル名に冠しました。世界基準のビジネスマンに向けたモデルで、ミラノラインとトリノラインの中間のシルエット。ビルドアップした構築的な肩まわりと男性らしさを強調した広めのラペルが特徴的で、威厳と貫禄を感じさせるモデルです。

ローマライン
やや肩幅が広めでウェストラインのシェイプも緩めにしたオーソドックスなスタイル。幅広い年代に向く不変のモデルです。

エルメネジルド・ゼニアは、柔らかな肩のラインと程よくシェイプの効いたシルエットを重視したスーツ作りを、高い縫製技術で実現しています。そして、どんな体型の方でもゼニアのスーツをおしゃれに着こなせるようにと、いくつものモデルを用意しています。

軽やかな着心地と身体のラインに沿う美しいシルエットが特徴のゼニアのスーツは、一度袖をとおすとその着心地の虜(とりこ)になる」と言われています。

繰り返しになりますが、ゼニアのスーツは高価な値段で販売されています。しかし、価格が高くて、快適で、上質で、高級であることが一目でわかるゼニアのスーツは、世界中のエグゼクティブビジネスマンから支持されているのです。

Ermenegildo Zegnaエルメネジルド・ゼニア