オーダースーツと病院の診療は似ているんです

お客様の声:医師  清水健一郎様

医師として故郷である栃木県内の病院に勤める傍ら、株式会社ランドマップを設立。糖尿病、栄養療法といった専門分野において、誰もが理解しやすく、すぐ現場での仕事に活用できる医学書の執筆や医療従事者向けのセミナーを行っている。また、専門分野以外にも、リスクマネジメントの観点から今後の医療機関の問題点を研究中。

医者として幅広い活動

― 学生時代からの経歴を教えてください。

小・中・高とサッカーをしており、医師を目指しながらも大学時代はラグビーをしていたので、どちらかというとスポーツの方が好きな学生時代を送っていました。

母が20代のときに乳がんの診断を受けました。その後、手術により乳房切除を行っています。当時、父は母と結婚を前提に交際していました。かなりショックだったと思います。結果的には、治療は成功し、現在でも母は健在です。

そんな両親からは、子どものときより、母の闘病生活についての話を何度も聞いてきました。その中で、自分自身の進路として、医師の道を意識し始めました。

医師は、臨床現場での仕事を行うとともに、大学で研究して論文を書いたり、海外へ留学して研究能力を高めたりと、様々な方法でキャリアを積んでいきます。私の場合、まずは医師として臨床能力を高めていきたいと考えていました。2004年に医学部を卒業した後は、市中病院での臨床研修を開始し、以後11年間は診療を中心に研鑽を積んできました。

私が研修医として悪戦苦闘していた頃、病院における栄養療法が認知されてきたタイミングでした。それで診療と並行して栄養療法の研究も行い、2011年に医学書を執筆しました。その後、活動範囲も広げ、現在では医療従事者向けに栄養や糖尿病のセミナーを行ったりしています。

― 医学書を出版しようとまで思われたきっかけは何かございましたか?

私が学生時代から感じていたのですが、正直なところ医学書は読んでいても、それほど面白くありません。もともと、あまり勉強が好きではなかったので、もっと読みやすい、勉強しやすい本があればいいのに、とずっと感じていました。いつまでも探していても先に進まないので、思い切って自分で書いてしまおうと考えました。実際、同僚の看護師からも「医学書が難しくて読めない」と勉強を断念してしまう声も多数ありました。しかし私はこの栄養療法をもっと広めたい、という思いが強くありましたので、誰もが理解できて面白く読んでもらうにはどのようにしたらよいかと考えながら、内容や表現方法に様々な工夫をこらして、執筆していきました。医療従事者向けの医学書ですが「読みやすく、わかりやすく、面白い」と好評を頂いています。今後はその延長線上で一般の人が実用できる内容の本の出版も考えています。

「1着しかないスーツが壊れてしまい限界だと思いました」

― 幅広いご活動をされていますが、スーツの必要を感じたタイミングはいつでしたか?

スーツに関しては、2013年頃まで大学生時代に買ったコムサデモードのスーツを一着しか持ってなかったんです。医師、特に若手時代はスーツを着る機会がほとんどありません。病院内では白衣に着替えますし、スーツを着ていくような学会や研究会などへ参加する機会も少ないので、一着あれば十分という状態でした。しかし本を出版した頃から講演やセミナーを行う機会も増えて、スーツを着る機会が増えてきました。その1着しかないスーツを酷使していたので、講演の出張先でボタンが取れてしまい「これはもう限界だ」と感じました。そこで、改めてスーツを買わなければ、と思い立ったのです。そして、せっかく買うのであれば年齢も考慮して、今の自分の活動に適したスーツを選んでいこうと考えたのがきっかけです。

「ホームページで雰囲気が分かったので安心してお店に行きました」

― スプレーモを何で知って頂いたのでしょうか?

学生以来、スーツを買ったことがなかったので、いいスーツをどこで買えるかと知人に相談したところ「スプレーモ」の名が上がりました。でも実はその知人もスプレーモを利用したことはまだなく、次にスーツを買うのであればスプレーモが良さそうな店と評判だったので、買ってみたいという話でした。

―それでは情報を教えてくれた知人の方も、清水(当社代表)のこともスプレーモのスーツを見ないままでお考えになられたのですね。お店に行くことに不安はありませんでしたか?

人生2着目のスーツでいきなり銀座のオーダー店という思い切った行動ではあったと覚えています。でも、まずホームページを見たときにスタッフの方の顔写真が出ていたので、お店の雰囲気もイメージができ、安心してお店に行こうと思いました。自分の性格的にも、考えるよりまずは行ってみよう気持ちの方が強かったです。それで行ってみて納得できなければ買わなければいい、という考えでした。お店に行った時にスーツ初心者の私に対して丁寧に説明してくれたので、はじめは話を聞くだけで買う気はなかったのですが…気が付いたら買っていました(笑)

― 清水さんのスプレーモの利用状況を教えてください。

2013年の夏からゼニアのスーツを3着、そして今回はシャツも3着作りました。

「オーダースーツと病院の診療は似ているんです」

― 既製品ではなくオーダーを選んだ理由はありましたか?

スーツに必要性を感じ、興味や関心が出てきていざ買おうと思ったときに、子どもの頃からスポーツをしてきたので、なかなか体型に合うスーツが見つからなかったんですね。そこで、オーダーという選択肢がでてきました。大手量販店も見に行ったのですが、そこでもいいものを選ぼうと思うと10万円くらいはしていたので、それなら自分に合ったサイズをオーダーでと考えました。

また、医師は患者さんと話をしていく中で症状の原因や問題を見出し、適切な治療を行い解決していくという職業です。一方で、他の業種はどのような仕事をしているのだろうという興味もありました。オーダースーツ、しかも予約制ということは「きっとじっくり悩みを聞きながらカウンセリングをして作り上げるんだろうな」という様子が想像でき、医師の仕事ととても似ているなと感じました。スーツに限らず、話をしながら何かを作り上げていくということは楽しいですね。

普段は白衣がメインなのですが、白衣も実はオーダーの白衣を着ています。だからオーダーメイドということに抵抗はなかったですね。

ハンガーに吊るされた自分のスーツを見て
『こういうことか』と思いました

― スーツを買った後、変化はありましたか?

まず着る前ですが、スーツを受け取る際にお店に行って、完成したスーツがハンガーに吊るされてあって、それを見た瞬間「こういうことか」と思いました。パッと見ただけで今までのスーツとの違いが直感的に理解できました。さらに袖を通すと圧倒的なカッコよさを感じました。柔らかくて艶やかで、サイズもぴったりなので着心地も抜群にいいです。

周りからの印象も確実に変わっていると思います。嬉しいことに成果が仕事に表れました。病院で行っていた市民公開講座にスプレーモのスーツを初めて着て話をしました。その時にセミナー会社の方が見に来ていて、その方から翌日メールでセミナーの仕事の依頼をされたのです。これもスプレーモのスーツを着ることによって与えた印象が大きかったと思います。いいものを着ると立ち姿、振る舞いに品格が上がりますし、そのおかげで話の説得力も高まります。今までの着古したスーツで講義をした姿を想像すると、この結果にはならなかったのではないかとも感じています。買うまでは半信半疑の自己投資でしたが、早々にリターンを得ることができました。

高級クリーニング店でも一目置かれた『ゼニア』の生地

― ゼニアというブランドは知っていましたか?

はじめは知りませんでした。知り合いがいいというからきっと良いものなんだろうという思いでした。当時スーツにあまり詳しくなかった私が見ても、生地の良さははっきりと分かりました。
スーツを変えてからは、生地が傷まないように高級素材を取り扱えるクリーニング店に変えました。そのお店でも、「これはいいスーツですね」と言われました。高級素材を普段から見慣れているプロがいうのですから、これは間違いなくいい素材ですね。

「スーツは勝負するときになくてはならないものです」

― 清水さんにとって医師としてのスーツの役割とは?

医師の普段の仕事には、基本的にスーツは不要ともいえるかもしれません。ですので、身なりには気を使わない医師が多いことも事実です。しかし、30歳を過ぎたあたりから仕事の幅も広がり、会う人たちが変わってきました。やはり第一印象は大事ですので、医師にとってのスーツは常に必要ではないけども、勝負するときになくてはならないものです。

「スプレーモにお願いしてとても満足しています」

― スプレーモのご不満点やデメリットは?

現状ではとても満足しています。どのようなスーツにしていくかは、すべてスプレーモにお任せしていますが、強いて気になる点をいえば、スーツの専門家として最先端すぎる提案をいつもススメられることですかね(笑)。私を含めてスーツの達人はそれほど多くはないと思いますので、もう少し一般レベルに合わせたスーツトークでもいいかもしれません(笑)。

スプレーモのスーツを買ったことで、スーツに合ったシャツ、靴やベルト、かばんも2年間かけて揃えていきました。スーツを中心にあらゆる価値観が変わりました。洋服や雑貨だけではなく、食事をする際にもこのスーツを着て行きたいなと思えるお店を探すように変わってきました。そういった意味では、スプレーモのスーツに合わせてお金がかかるようになりましたね。

― 今後のスプレーモに対するご要望はございますか?

オーダーメイドやゼニアという価値もありますが、スプレーモにお任せすれば満足いくものができると思ったことがリピートをしている最大の理由です。仕事が忙しい中スーツを買うために何店舗も見て回る時間ももったいないので、時間の有効活用にもつながっています。スーツ以外にもファッション全般のアドバイスを親身になって教えてくれるのでとても助かっています。

現状のスーツはとても満足しています。今回シャツをお願いしましたが、やっぱりスプレーモにお任せしてよかったと思います。ゆくゆくは取扱いアイテムの幅を広げてもらい、スプレーモに行けば全身トータルでコーディネートをしてもらえるようなお店になってくれれば最高ですね。

top_mapご来店をお考えの方へ
ご予約はお電話、メールでも承っております
銀座店 TEL.03-6228-5755
岐阜店 TEL.058-262-0387
Eメール