• NEWS

『スーパー130の生地は買ってはいけない』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スーパー130にも色々あります

「良い生地」とはどんな素材のことを
いうのか?

一言で言うならば、
「細い糸をたくさん使っている生地」
のが良い生地です。

スーパー130とかスーパー150とか
聞いたことがありませんか?

これは、糸の細さをあらわす数字のことで、
数字が大きいほど糸は細くなります。

そして細くなればなるほど糸の価格も
高くなり、品質も上がります。

ゼニアはこの数字をハッキリとは
出していません。

しかし、他の生地メーカーはスーパー○○と
表示しています。というか、そこを執拗に
アピールしたがります。

「スーパー130 イタリア製」
と表記してあれば、すごく良いものに
見えますよね。

細い糸を使っているだけでは無意味

細い糸を使っているだけでは良い生地
とは言えません。その細い糸をたくさん使って
いないといけないのです。

hikumi

「スーパー150の糸を使用しています」
と生地メーカーが謳っていても、
密度がスカスカでは意味がないです。

細い糸を使用していて、なおかつ
密度が濃いと良い生地となります。

細い糸がぎっしりと詰まった生地は
張りがあってツルツルしています。

kou_mitsudo

密度の高い生地を使えばスーツに
なった際にも型崩れせしません。

ゼニアの生地は、細い糸をたっぷり
使用しているので、オーダースーツの
生地として安心して使用できます。

スーパー○○表記にダマされない

「イタリア製最高級生地スーパー130使用」
という表記に騙せれないでくださいね。

しばらく着ていると着崩れしてきて
クタクタのスーツになります。

糸は細さだけではなく、どれだけ使って
いるかが重要です。ぜひ覚えておいてください。

オーダースーツ専門店
スプレーモ銀座

エルメネジルド・ゼニア2017年秋冬コレクション最新入荷
  • このエントリーをはてなブックマークに追加