• NEWS

『フォーマル感を演出するピークドラペル』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピークドラベルスーツ

ゼニアの夏素材クールエフェクトを使用したネイビースーツ。

ピークドラペルは襟幅が広いので、まわりからはやや派手目に見られがちです。

ピークドラペルはタキシードによく用いられる襟の形なので、パーティーなどの華やかな印象が強め。モード調に取られることも少なくありません。

やや主張が強くなるイメージがあるので、職業によっては華美になりすぎることもあります。

ではなぜピークドラペルなのか?

ただ、男性のスーツスタイルで変更できる箇所といえば、襟の形やポケットの形、サイドベンツ・センターベントなどに限られてしまいます。

なので、いくら紺の無地のスーツが好きでも、いつもいつも同じ色目、同じスタイルではつまらないですよね。

こうした場合のピークドラペルなのです。

仕事で特に決まりがなければ、襟だけでもいつもと違う感じにすれば、華やかな印象にするのもありです。

前述のように、ピークにするとフォーマル感演出できるので、結婚式やパーティーにも活用できます。

写真のような紺の無地でのピークドラペルは入門として良いです。

今までと違う襟型もご検討してみてはいかがでしょうか。

オーダースーツ専門店スプレーモ
https://supremo.jp

 

 
エルメネジルド・ゼニア2019年春夏コレクション最新入荷
  • このエントリーをはてなブックマークに追加