• NEWS

『ネクタイの合わせ方』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネクタイの合わせ方

毎朝悩むのが、ネクタイのチョイス。

何本もあるのに結局選ぶのは、
いつもだいたい同じネクタイ。

自分はセンスがないからと考える方も
いますが、ネクタイ選びは3つのルールを
守れば簡単なんです。

ネクタイ選びの3つのルールとは?

清潔感と知性、そしてお洒落感を
表現する胸元のVゾーン。

このVゾーンの印象を作っているのは、
スーツ、シャツ、ネクタイの3つの
アイテムの組み合わせ。

この組み合わせのルールこそが
ネクタイ選びのポイントです。

ルール1 柄は2つまで

3つのアイテムの組み合わせで
直線柄(ストライプorチェック)は
2つまでにする。

すべてのアイテムに直線柄を選ぶと、
ややウルさいコーディネートに。

スーツとシャツがストライプの場合は、
ネクタイを無地にすると派手すぎない
センスの良い組み合わせになります。

ルール2 ストライプ幅を変える

ストライプは2つまでに抑えて、
それぞれストライプの幅を変える。

無地のスーツにストライプのシャツと
ストライプのネクタイを合わせるケース。

その時はシャツとネクタイのシマ幅を
変えましょう。

両方が太いストライプだと重い印象に、
逆に両方とも細いストライプの場合は
ウルさく感じます。

ストライプだけではなく、チェック柄
などすべての柄に共通で、幅や大きさを
変えて合わせるようにしましょう。

ルール3 メインカラーは3色まで

スーツ、シャツ、ネクタイの色は、
3色(白を除く)にまとまっていると
スマートに見えます。

色数が少ないと言われる紳士服の中で、
ネクタイだけは婦人服に匹敵するほど
色数が多いです。

ネクタイが2色以上の派手目な場合は、
スーツをそのどちらかの色に合わせるか、
またはシャツを白にします。

スーツ、シャツ、ネクタイの3つに
入る色を3色以内に抑えましょう。

以上の3つの簡単なルールですが、
これを知っているとコーディネートを
考えるのが楽になり、周囲の人に
“わかってる”感が伝わります。

ぜひ実践してみてください。

 

オーダースーツスプレーモ
銀座・新宿・岐阜

エルメネジルド・ゼニア2017年秋冬コレクション最新入荷
  • このエントリーをはてなブックマークに追加