Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/panthers6666/ordersuit-ginza.jp/public_html/howto/wp-includes/post-template.php on line 293
  • スーツお役立ち情報

『スーツのお手入れ 基本の3つ』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大切なスーツを長持ちさせるために

スーツを一日着ていれば、
見えない汚れがつきます。

スーツには洗濯機が使えないので、
毎日のケアと定期的なクリーニングが
必須になります。

自宅でできるケアは次の3つです。

1. ブラッシング

2. スチーム

3. プレス

毎日のケアを順にご説明します。

1. ブラッシング(2日に1回)

 

どうしてブラッシングをするかといえば、
繊維に入り込んだゴミを取り除くため。

繊維の間にはホコリやフケ、食べカスが
知らず知らずのうちに入り込みます。

これらは生地の通気を損ねるだけではなく
虫食いの原因になります。

家に着いたら柔らかなブラシを使って、
下から上に向かってブラシをかけます。

次に上から下です。

優しい力でほこりを掻き出すように
リズミカルにブラッシングします。

フケが溜まりやすい襟もとや肩まわりは
念入りにかけましょう。

ブラッシングはすぐに目に見える効果が
あるわけではありません。

継続することで数年後に違いが出るので
2日1回でも良いので継続しましょう。

2. スチーム(3日に1回)

スーツの上着の袖や背中、スラックスの
股の部分は着ているとシワがよります。

ここはウールであればどんなスーツでも
シワがよるので避けられません。

シワになったら、アイロンの蒸気を
生地から20㎝ほど離してかけます。

熱と湿度を与えれば、ウールの性質上、
シワが伸びて元通りに。

 

3. プレス(その都度)

雨が降ったり、汗をかいたりすると、
スーツが湿気を帯びます。

そうすると、スラックスのセンター
プレスが取れてきます。

そうなったらクリーニングに出す方も
いらっしゃいますが、出し過ぎるのも
生地に良くありません。

スラックスのセンタープレスは
ご自身でアイロンをしていただくのを
おすすめします。

アイロン台にスラックスを固定して、
その上に当て布を置きます。

当て布はハンカチでも結構です。

面倒だからと当て布を置かないと、
アイロンによって繊維が溶けて
生地表面にテカりができます。

必ず当て布を使いましょう。

スーツを長持ちさせるための
お手入れの3つです。

3つのお手入れの横に頻度を記して
ありますので参考にしてください。

ご質問はこちらからどうぞ。
info@supremo.jp

エルメネジルド・ゼニア2019年春夏コレクション最新入荷
  • このエントリーをはてなブックマークに追加