• 2018秋冬ゼニア

『グレーが与える印象とは?』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネイビーとは違うグレー

ネイビーと並んでビジネスシーンでの
定番カラーといえば、グレーのスーツ。

グレーを地味だと毛嫌いする人もいて、
スーツはやっぱりネイビーだと
決めている人もいます。

ネイビーとグレーで与える印象は
どのように変わるのでしょうか?

ネイビーとグレーの与えるイメージ

ネイビーは色彩心理学上で、
「知性」や「清潔感」を印象付ける
カラーとされています。

そして、仕事で何より大切にしたい
「誠実さ」を演出したいときに、
この色に勝るものはありません。

統計学上ではネイビーは日本人が
最も好むカラーとされ、ネイビースーツの
販売数もダントツに多いのです。

一方のグレーは、ネイビーよりも
「品格」や「落ち着き」を感じさせる色目。

そのため、グレーのスーツは「信頼」を
連想させる効果があります。

ネイビーとグレー、色の違いで相手に
与える印象に違いがありますね。

使い勝手が良いグレースーツ

グレーは織り方や色の明るさに
よって無限のバリエーションがあります。

例えば、生地の光沢が強めのグレーなら
エレガンスなイメージを与え、起毛した
グレーは優しさがイメージされるのです。

色の明るさで見ると、黒に近いチャコール
グレーからミディアムグレー、白に近い
ライトグレーまで幅広い種類があります。

明るさの違いで与える印象も変わります。

濃いグレーは黒に近づけば近づくほど
フォーマル度が高くなり、明るくなるに
つれて柔らかな印象に。

グレースーツのコーディネイト

グレーは無彩色なので、他の色との
協調性が非常に高い色目です。

シャツやネクタイ、シューズなど、
何色でも協調するので合わない色が
ありません。

単品のスラックスとしてグレーが多く
使われるのは、どんな色のジャケットでも
簡単に合わせることができるからです。

また、グレースーツは合わせるアイテムで
様々なスタイリングが可能。

グレースーツに白のシャツと黒のシューズ、
そこに黒のネクタイを締めればシャープな
モード調の着こなしが完成します。

グレースーツにサックスブルーのシャツと
茶のシューズ、そこにネイビーのタイを
合わせればイタリア人好みのテイストに。

クローゼットに1着はグレーを

グレーは自分には似合わない、と決めつけて
いる方も多いです。

もしかしたら、グレーのスーツを初めて
着たときの年齢が若すぎてそういう印象を
持ったのかもしれませんね。

今の年齢であれば、グレーのスーツが似合う
雰囲気になっていると思います。

グレーはどんな肌の色にも馴染む色です。

決して派手ではない色ですが、誰にでも
似合い、コーディネートも簡単。

グレーのスーツは濃淡合わせて揃えると
着こなしの幅が広がります。

エルメネジルド・ゼニア2017年秋冬コレクション最新入荷
  • このエントリーをはてなブックマークに追加