Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/panthers6666/ordersuit-ginza.jp/public_html/howto/wp-includes/post-template.php on line 293
  • スーツお役立ち情報

『スーツとコートの組み合わせ』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スーツはたくさんあると良いですが、
コートを10着も20着も揃える必要は
ありません。

かといって、コートが1着あれば良いか
といえば少し心許ないですね。

スーツとコートの組み合わせは
どうすれば良いのか?

必要最低数は何着か?

スーツとコートの関係を考えて
みました。

梳毛と紡毛の2種類の糸

コートのお話の前に、スーツや
ジャケットに使われる糸について
お話しします。

一般的にスーツはウールで作られます。

ウールは大きく分けて梳毛(そもう)
と紡毛(ぼうもう)の2種類です。

梳毛生地はウールの長い毛のみを
紡績して作られます。

ゼニアのスーツ生地のほとんどが
これに当たります。

一方、紡毛生地とは短くて縮れの
入った糸で織りあげたもの。

生地表面にはざらつきがあって、
チクチクした肌触り。

ゼニアではジャケット生地などに
よく使われます。

このようにウールには梳毛と紡毛の
2種類があります。

コートはスーツ生地に合わせて選ぶ

ゼニアをはじめ、一般的なビジネス
スーツは梳毛を使って出来ています。

梳毛を使用したスーツは滑らかな
触り心地と光沢感があります。

特にゼニアのような極細糸を使った
スーツはそれが顕著。

こうした梳毛のスーツには、それに
負けないくらい滑らかで光沢のある
カシミヤのコートがよく合います。

もしもこうしたスーツに、硬さや
重みのあるダッフルコートなどを
合わせるとアンバランスで×。

一方、紡毛スーツやミルドスーツに
合うのは、ウールにアルパカを混毛
した厚みのあるコート生地。

肉厚でざっくりしたジャケットには、
コートも同じように凹凸感のある
素材にすると全体の統一感が出ます。

あくまでも王道パターンであって、
ハズすコーディネイトもありますが、
ビジネスにおいて相手に失礼のない
合わせ方としてご紹介しました。

ぜひご参考ください。

エルメネジルド・ゼニア2019年春夏コレクション最新入荷
  • このエントリーをはてなブックマークに追加