• 2019春夏ゼニア

『ビジネスカジュアルでもビシッと決める』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏のビジネススタイルはカジュアルに

5月から9月の間はネクタイをしないという方も多いと思います。

ただ、スーツスタイルであればそれほど迷いませんが、ビジネスカジュアルでの着こなしに悩む方は結構多いです。 

「スーツ姿には自信があるけれど、私服がダサいと思われたくない…」

とあるお客様から、ビジネスカジュアルのご相談を先日も受けたばかりです。

こうした悩みを持つお客様にご提案しているのが、春恒例スプレーモのジャケットスタイルです。

ビジネスカジュアルは、スーツと同様に基本さえ理解すれば難しくありません。

ビジネスカジュアルとは?

そもそもビジネスカジュアルが何かわからない…という方も。

スーツスタイルは、上下ともに同じ生地で作った服にシャツとネクタイを合わせる着こなし。

対してビジネスカジュアルは、ネクタイを外し、ジャケットとスラックスに異なる生地を使用して上下に合うシャツを合わせるスタイルです。

間違ってはいけないのは、普段のスーツ上下にネクタイを外しただけのスタイル。

カジュアルというとこのスタイルにしてしまう方が多いのですが、ビジネスカジュアルとはかけ離れたおじさんスタイルです。

ビジネスカジュアルには専用のジャケットとスラックスを買い揃えることが必要です。

王道のアイテム、ネイビージャケット

ビジネスカジュアルの王道アイテムとしてネイビーの無地ジャケットがあります。

ネイビーの無地ジャケットは“どのシーン”にも“どんなアイテム”にもマッチ。

単体で主張しすぎることがないので、誰にも気づかれずに10通り以上の着回しが可能。

とにかくコーディネートが簡単。

スラックスも無地のグレーからホワイトデニムまで何でも合います。

ジャケットに慣れたら2着目には

一度ジャケットを手にするとその使いやすさと便利さを感じて、2着目、3着目が欲しくなります。

そんな場合には、“サックスブルー”“やウィンドウペンのチェック”を揃えてください。

どれもコーディネートは難しくありません。ネイビージャケットと同じで大丈夫です。

例えばネイビーのウィンドウペンジャケット。

窓枠のようなチェック柄で派手に感じる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、ネイビーベースで色合わせも簡単です。

ネイビーの無地と同様に、シャツとスラックスを合わせれば、かなりおしゃれに見えます。

スーツとジャケットの仕様の違いは?

カジュアルのジャケットと、スーツの上着とどのような違いがあるかご存知ではない方が多いようです。

まず、素材の違い。

ジャケットはザックリと凹凸のある生地で、スーツはツルッとした光沢のある生地が中心です。

仕立てにも差があって、カジュアルジャケットは裏地、肩パットを使わずに、パッと羽織るカーディガンのように薄く軽く作ります。

ポケットの仕様にも違いがあります。

スーツはフタ付き。

対してジャケットは貼り付けタイプにしてカジュアルな雰囲気に。

サイズは基本的にはスーツと同じですが、着丈だけ変えます。

スーツよりも着丈を少し短く作ることで、スッキリとしたカジュアルな印象になります。

ジャケスラのクールビズ、カジュアルでもワンランク上のお洒落をお楽しみください。

ゼニア生地ジャケット  100,000円〜

インポート生地ジャケット80,000円〜

ジャケット生地コレクションはこちら
https://supremo.jp/colle2019ss/jacket_2019ss/

ご予約は、予約フォーム、またはお電話かメールでお願いします。

ぜひお早めにご覧になってください!

TEL:0120-112-903

Mail:info@supremo.jp

ビジネスカジュアルも当店におまかせください!

エルメネジルド・ゼニア2019年春夏コレクション最新入荷
  • このエントリーをはてなブックマークに追加