• NEWS

『サイズが変わって着られない』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オーダーのスーツには、既製品では味わえないフィット感があります。

このフィット感こそがオーダーの良さです。

ただ、あまりにフィットしているので太ったらどうしよう…と心配になる方もいらっしゃいます。

もしも、「太ってきつくなった」「痩せてしまった」という場合でもお直しの対応をさせていただきます。

「どこまで直せるの?」

ご納品時に、「何キロまで変わっても大丈夫か」という質問をいただきます。

体重が1キロ変わると、ウェストは1センチ変わります。

体重でプラスマイナス4キロまで、つまりウェストで4センチまでは直せます。

4センチであれば全体のシルエットに影響が出ません。また直した跡が残ることもありません。

これ以上のお直しになるといろんな箇所に大幅な修理が必要になって、シルエットも崩れてしまいます。大幅な修理の場合は修理代金をかけてもご満足いただ毛ない場合もあります。

修理の依頼

例えば、こんな場合のお直しが可能です。

お太りになられた場合(スラックス)

ウェストがきつい、チャックが閉まらない…

きついのに履き続けると、ウェストのホックやチャックを傷めてしまいます。

スラックスは4センチまで出せます。

体重が増えると、ウェストだけではなくヒップやモモも太くなります。

お尻やモモがパツパツでは、座った際の破れの原因にもなります。

これらの箇所も縫いしろがある限りは出すことができます。

お太りになられた場合(ジャケット)

上着が小さいと、ボタンを閉めた状態の時に引っ張られてシワが出ます。

見た目もそうですが、着ていて苦しい場合にはサイズの修正をしましょう。。

上着のウェストは、全体で2センチほど出すことができます。

痩せられた場合(スラックス)

体重が減ると、ウェストに隙間ができます。

また、ヒップまわりとモモまわりもかなりダブついてきます。

体重が5キロ以上減った場合には、「ウェスト」「ヒップまわり」「モモまわり」の3箇所を直す必要があります。

それ以上に痩せられた場合はシルエットが崩れるので、お直しは難しいかもしれません。

痩せられた場合(ジャケット)

体重が減る時は、下半身から先に痩せてきます。

体重が3キロ減ったとしても、ジャケットの緩みはそれほど目立ちません。

5キロ以上の減少した時にウェストまわりを詰めるということで問題はありません。

シルエットの変更

サイズのお直しだけではなく、シルエットも変えられます。

例えば、数年前まで裾口が広めのスラックスが中心でしたが、最近のはかなり細め。

膝から裾口にかけてテーパードしたスラックスに人気です。

膝と裾口をスッキリと細くして作り直すことも可能です。

こうしたリフォームのご相談にもお応えします。

直すのは無理だと諦める前に、まずはご相談ください。

TEL  0120-112-903

Mail info@supremo.jp

オーダースーツスプレーモ

エルメネジルド・ゼニア2019年春夏コレクション最新入荷
  • このエントリーをはてなブックマークに追加