初代エルメネジルド・ゼニア氏の父アンジェロ・ゼニア氏は時計製造を行っていました。その後、イタリアのフレッチナ地区で4台の織機を使って織物製造会社を開始します。
しかし火事によってこの織物工場を焼失してしまいます。

そして、ビエラ近くのアルプス山麓の小高い丘の上にあるトリヴェロにてウール工場を再建。豊富な天然の軟水によってウールの洗浄、染色が可能となり、ウールの製造に最適でした。

この工場こそが現在のエルメネジルド・ゼニアの基礎となった場所であり、現在に至るまでゼニアの生地が織られている。

18歳で織物工場の社長になったエルメネジルド・ゼニア氏

1910年にウール工場の跡を継いだのがアンジェロ・ゼニアの10番目の末息子であるエルメネジルド・ゼニアです。それは彼がまだ18歳の時のことでした。当時から国際的なビジョンを持っていたゼニア氏は、最新のイギリス製の紡績機を導入し、高品質な毛織物の生産を始めます。

天然繊維を原産国から直接買いつけて、最高品質の織物を製造することで自社の価値を高めるブランド戦略を行いました。そして、自社の販売先だけではなく、世界のデザイナーブランドに供給できる流通機構を作り上げていきました。1938年にはアメリカに輸出を開始し、7年後の1945年には40カ国以上で販売されるまでに成長を遂げました。

ゼニア社は素材の開発から縫製までを一貫して自社のファクトリーで手がけ、原毛の買い付けから、紡績、染色加工、製品化に至るまでの一貫した自社生産をトリヴェロの工場で行っています。

「エルメネジルド・ゼニアブランド」を近代的な企業に育て上げたのがアルドとアンジェロの二人の息子で、1960 年代 にラニフィーチョ エルメネジルド ゼニア(ゼニアの服地工場)の経営を引き継ぎました。

プレタポルテの販売を開始

「最高の素材は優れたデザインを、最高のデザインは優れた素材を求める」というデザインポリシーのもと、紳士ファブリックで確固たる地位を築いたエルメネジルド・ゼニア社は、プレタポルテ(既製服)の企画販売を開始。

ミラノとパリに最初のショップがオープンさせます。スーツをはじめ、ジャケットやコート、パンツなどのアイテムは世界的な評価を得ます。瞬く間にゼニアブランドは人気となり、トータルブラントとしてのゼニアの名前が世界中に轟きました。

その後もショップ数は増え続け、ヨーロッパだけではなくゼニアの人気は世界中に広がっていきます。現在、エルメネジルド・ゼニアの店舗は、80を超える国と地域に525店以上あります。

映画 「戦場のピアニスト」の中で、アカデミー賞主演男優賞を受賞したエイドリアン・ブロディが授賞式にゼニアのタキシードを着て出席したことも大きな話題に。

1998年には三陽商会との共同開発によるEZ・BY・ZEGNA(イーズィー・バイ・ゼニア)ブランドをスタート。 2002年、フェラガモと共同出資の「ZeFer(ゼフェル)」を設立。2003年からはシューズのコレクションもスタートし、「エルメネジルド・ゼニア」のブランドで販売を開始しています。

1992年、「ス・ミズーラ」(イタリア語で「あなたのサイズに合わせて」)というパターンオーダーシステムを開始。

日本でも1996年、銀座に直営の旗艦店をオープンします。生地メーカーとして一部の人には認知されていましたが、知っている人はごく僅か。アルマーニの人気に押され、出店当初はかなり苦戦を強いられました。

日本では、「知る人ぞ知る」レベルの低い認知度

ゼニアジャパンが1977年に創立し、日本にはじめてゼニアが登場しました。

ゼニアジャパンはアパレルメーカーやオーダー店に対するゼニア生地の販売と、エルメネジルド・ゼニアブランドのメンズウェアの販売を手がけていました。

そのメンズウェアの販売も百貨店内で少々ある程度で、プレタポルテ(既製品)の取扱いはありません。ゼニアという名前を知っている人もアパレル関係だけで、一般にはほとんど知られていませんでした。

ゼニア社は1996年に銀座に直営の旗艦店をオープンさせます。
しかし、当時のイタリアブランドスーツとして絶大な人気を誇ったのはアルマーニで、誰もがその名前を知っていました。それに比べると、ゼニアの認知度はゼロに等しいものでした。

芸能人の起用で知名度がアップ

しかし、1997年にゼニアジャパンの社長に鰐川氏が就任し、ファッション誌や新聞広告などメディアに露出する戦略をとりました。ファッション誌にゼニアのタイアップ記事が毎号のように大きく掲載され、長島茂雄氏や渡辺謙氏などのスポーツ選手や芸能人にゼニアのスーツやジャケットを提供し、ゼニアブランドの知名度が飛躍的に上がりました。

こうした戦略によって日本のビジネスマンにも「高級スーツ」として認知され、その人気は不動のものとなっていきます。会社経営者や医師などVIPと呼ばれる人たちに人気が爆発。ファッション性の強いアルマーニよりも、ビジネスシーンに合うスーツとして認識されていきました。

525の店舗、7000人の従業員

高品質の毛織物に特化したものづくりでファッションシーンの最前線を走り続けてきた「エルメネジルド・ゼニア」。今では世界中に525の店舗を構え、7000人を超える従業員が働いています。

世界で最も美しい生地を作るという夢から始まったゼニア社は、プレタポルテ(既製服)で世界的に有名なブランドとなりましたが、Trofeo(トロフェオ)、High Perfomance(ハイパフォーマンス)、Cool Effect(クールエフェクト)などの革新的で有名な生地の開発と加工を1910年の創業以来ずっと続けてきました。

ゼニアショップがここまで有名になったのも、秀逸なデザインと縫製によるものだけではなく、優れた生地があったからこそと言えます。現在もなおゼニアの生地は、世界中で高い評価を得ています。